忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アンケート
最新コメント
[05/25 金子]
[03/17 なみ]
[01/20 Spock]
[01/20 Spock]
[09/17 misty]
プロフィール
HN:
nagareyama-city
性別:
非公開










TXの開通によって変わりつつある流山を中心に、 千葉県北西部(流山・柏・松戸・野田・鎌ケ谷・我孫子・市川・船橋・八千代・習志野・浦安)の現状を語るブログです。
[34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24]
流山花火大会 今年も合同開催ならず・・・
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
 夏恒例の流山市の「流山花火大会」と、江戸川を挟んだ埼玉県三郷市の「みさとサマーフェスティバル花火大会」が今年も8月18日に同時開催されることが決まった。しかし、流山側が熱望していた「実行委員会を統合した形での合同開催」は三郷側が難色を示したため実現せず、昨年同様にそれぞれの単独開催となった。
 2つの大会の同日開催は、流山側が昨年初めて開催日をあえて同じ日に設定する形で実現した。打ち上げ数は7000発と大会規模が事実上2倍になって好評だったほか、交通規制も1日だけで済むなどのメリットがあった。
 合同開催の障害となったのは、流山が官民合同の実行委主催なのに対し、三郷側は商工会青年部が主催し、三郷市が必ずしも前面に出ていない点。
 流山市商工課の担当者は「組織の違いがあって話が合わなかった。三郷側は『自分たちで独自にやりたい』という雰囲気だった」と話し、合同開催に向けた協議が不調に終わったとしている。
 今夏は昨年同様に開始と終了時間を統一するなど最小限の取り決めを行い、それぞれ単独で開催する。
 流山花火大会は今年で31回目を迎える。8号といった大玉が主で、ナイアガラ仕掛け花火が目玉。サマーフェスタは平成14年から始まり、今回で6回目。3~5号のスターマインが中心で、クラシック音楽に合わせて打ち上げる音楽花火が“売り”。三郷側が無料なのに対し、同川左岸の流山市側には有料観客席を設けている。
http://www.sankei.co.jp/chiho/chiba/070525/chb070525001.htm 産経新聞千葉版(5月25日)より
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

今年の花火大会の日程が決まりました。
2007年8月18日(土)
19時~20時30分(予定)
(詳細:商工会ホームページhttp://www.nagareyama.or.jp/

昨年同様、三郷の花火大会と同日開催ではあるものの、合同開催には至らなかったようです。
horinkeyさんのブログにも書かれていましたが、観客からしてみれば、すぐ隣(対岸)で同時開催なんですから、単独、合同どちらでもいいような気もします。

三郷の花火大会が始まった二年前(でしたよね)、流山の花火大会の1週間前だったと思いますが、突然打ち上げ花火の音がして、花火大会が予定変更になったのかと思い、土手に上がったのを覚えています。
流山との規模の差が一番の印象でした。昨年は、合同開催で、規模の差を感じませんでしたが。。。(しかし、流山と三郷では打ち上げ台の周りの立ち入り禁止区域の差は、大きかったです。)

単独・合同どちらでもいいとは思いますが、「合同開催したら規模を大きくできるのでは?」とも思います。
「隅田川花火大会」に対抗して『江戸川花火大会』なんてのはどうでしょう?流山市、三郷市、松戸市、吉川市、八潮市(できたら、柏市、野田市、葛飾区なんかも)での合同開催、打ち上げ場所は、流山と松戸が毎年使用している箇所と、流山橋の少し南側(流山花火大会の打ち上げ場所の斜め対岸)とそこから松戸花火大会で使用している箇所までの中間点辺り、の3~4箇所。

流山、三郷で7000発(昨年)松戸は、8000発、さらに吉川、八潮などが出資すれば、今よりも大きな規模の花火大会になるのではないでしょうか?
また、地域の活性化につながる気もします。
大会当日の混雑は、激しくなるかもしれませんが。。。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]